「美味しい日本酒と心地良い音楽と素敵な出会い」女子一人飲み 西荻窪編

8月第3週の木曜日、一人暮らしの女性に人気の街と最近話題の西荻で途中下車して、女子一人で飲み歩いてきましたので感想とオススメのお店を紹介します。

吉祥寺での打ち合わせが予想以上に早く終わり猛暑で喉が渇いていたことと、以前hanakoの吉祥寺特集で隣街である西荻窪が大々的に取り上げられた時から気になっていたので期待大で、いざ西荻窪駅へ。

中央線の西荻窪駅で下車しホームからあたりを見渡すと、こじんまりとしたお店が連なる風景、焼き鳥屋さんから立ち昇る煙が目に入りテンション上昇。

西荻窪駅の改札を出て右側に進むと、駅から徒歩0分の場所に飲み屋街が!吉祥寺のハモニカ横丁みたいな感じです。

ワインバル、立ち飲み屋さん、海鮮居酒屋、立ち食い寿司、沖縄料理、ジンギスカン、焼き鳥、タイ料理、中華料理などなど他のエリアでは見たことのない個人経営のお店ばかりでどちらのお店も美味しそう。

17時過ぎでまだ明るい時間にもかかわらず早くも外で賑やかに飲んでいる方多数で、一人で飲んでる女性のお客さんも多く、どこに入ろうか悩んでしまいます。。

西荻窪一人飲み1軒目 おかえり酒場 さんだるきっちん

西荻窪駅前の飲み屋街の誘惑に後ろ髪引かれつつも、知り合いが以前働いていた阿佐ヶ谷にあるサンダルキッチンの2号店が西荻窪にできたと聞いていたので、通称乙女ロードを通ってさんだるきっちんに。

おかえり酒場 さんだるきっちんの名前の通り、お店に入るとおかえりなさいー、の声。

西荻窪駅からは歩いて5分くらいかかりますが25席ほどはありそうな店内は18時前なのにかなり混み合っていて、12席ほどあるコの字型のカウンターはほぼ満席。
ながら、お客さん同士で席を詰めてくれ、靴を脱いで上がるタイプのカウンター席に無事座ることができました。お客さんがお店のことを気遣う雰囲気がいいですね。

看板にお一人様大歓迎と書かれているとおり、カウンター席は一人で飲んでいるお客さんが何名か。女性一人のお客さんもいらっしゃいました。

お一人様向けの定食メニューもご用意しているのでお酒無しで夜ご飯だけ食べに来られるお客さん、女性一人で会社や仕事終わりにふらっと飲みに来られるお客さんも多いんですよ〜と、綺麗な女性店員さんから教えてもらいました。

店内奥のテーブル席を囲む壁一面には銭湯のように富士山が描かれており、トイレには裸の付き合いができるお店を目指していますとの紙が。お店のコンセプトと内装をリンクさせていて面白いなーと感心感心。

お酒を何にしようか迷っていると、「新しい日本酒が入りましたよ」とのオススメに従い可愛らしいラベルの日本酒を注文。淡麗辛口で口当たりが良く、するするっと飲んでしまいました。

「お料理は、さんだるきっちんといえばまずはこれですね!」と店員さんからオススメしてもらった、大皿に入ったおばんざいの3種盛りから。夏茄子の出汁浸しと水菜の辛味噌和えがとにかく美味しくて、レシピ聞いてくればよかったレベルです。

「数が少ないのでメニューには書いてませんがつるむらさきのお浸しが3名様分できました!」と声をかけて頂いたので、勿論お願いしました。好きなんですよねつるむらさき;;

写真撮り忘れてしまったのですが、契約農家から仕入れているという無農薬野菜を頂いて、お会計は2100円ほど。

お店を出る際のお見送時には、日本酒は定番もありつつ新しい銘柄もどんどん入れているので、またぜひ立ち寄ってくださいねーとお声かけしていただき、不足しがちなお野菜、しかも旬の夏野菜をこんなに美味しく食べれるお店があるなんて、と一軒目から満足してさんだるきっちんを後に。

おかえり酒場 さんだるきっちん
住所 〒167-0053 東京都杉並区西荻南2丁目20−9
行き方 JR中央線・総武線西荻窪駅下車
西荻窪駅南口から徒歩5分
電話番号 03-5941-5856
営業時間 18:00〜27:00
定休日 水曜日
公式HP https://www.facebook.com/sundalkitchennishiogi/

西荻窪一人飲み2軒目 扇子

さんだるきっちんから徒歩2分ほどと近く、日本酒と美味しいお刺身が食べれるお店で美味しいんですよーと、さんだるきっちんで少し話したお客さんから紹介してもらった扇子。

店内はテーブル席が多いですが、カウンターも6席ほどあって1人飲みでも問題ありません。

ドリンクはビール、日本酒、酎ハイ、ワイン、焼酎各種、リキュールなど各種揃っていましたが、日本酒の銘柄が数え切れないほどある上に純米酒、吟醸、純米吟醸がどれも1杯450円と信じられない価格設定。
酔心や梵、鍋島、新政、出雲富士などいくつか知っている銘柄はあるものの、日本各地から集められた数々の日本酒の大半は知らない銘柄だったので、すっきりとした飲みやすいものを、と好みだけ伝えてお店の方に選んでもらうことに。

宮城県・新澤醸造店の純米吟醸酒「ひと夏の恋」。夏酒ということもあり水々しくてすっきりとして美味しかったです。

さんだるきっちんと同じく夏茄子のお浸しとオクラとえのきを出汁でさっぱり仕立てたお料理が前菜。西荻窪、ほんっとにお料理のレベル高いです。適当な前菜が出てこないもの。

神津島から直接仕入れているというお刺身はどれも新鮮な上にリーズナブル。
白身魚は弾力があり、赤身は脂が乗ってとろけるようで、東京でこんな美味しいお刺身なかなか食べれないですよ。

メニュー表を見て惹かれた明太子だし巻たまご、なめろう、揚げ出し豆腐に加えて、隣のカップルが食べていたワンタン料理とゴマサバ、自家製のお豆腐がどれも美味しそうで、お腹に余裕があるならばあと1品2品注文したかったのですが、お刺身の盛り合わせが予想以上のボリュームだったので、この日は断念。

お会計はちょうど2000円くらいと破格のお値段。都内で食べたら絶対に3000円超えてくるレベル!西荻窪、おそるべし。ちなみに平日限定のようですが2500円で日本酒飲み放題プランもあるとか!

もちろん一人飲みで楽しめるお店ですが、1品1品の量が多いので次は西荻窪在住の友達を誘っていろんな料理を食べたいと思いました。

魚酒房 扇子
住所 東京都杉並区松庵3-31-16 西荻三枝ハイツ 106
行き方 JR中央線・総武線西荻窪駅下車
西荻窪駅南口から徒歩5分
電話番号 050-5595-6162
営業時間 【平日】18:00~25:00(ラストオーダー24:00)
【土日祝】17:00~25:00(ラストオーダー24:00)
定休日 月曜日
※月曜日が祝日の場合、火曜日が定休日

西荻窪一人飲み3軒目 stand kitchen Lepont – スタンドキッチンルポン

西荻女子一人飲み3軒目は、以前何かのテレビ番組でレモンサワーが特集されている中、レモンサワー専門店として取り上げられていたスタンドキッチンルポン西荻窪。座席はなく立ち飲み形式のお店です。

レモンサワー専門店だけあって、ドライで辛口のJack sour、自家製レモンシロップベースで甘めのQueen sourなど4種類のレモンサワーがありました。Jack sourは480円、Queen sourは520円とドリンクの価格もリーズナブル。まず1杯目はJack sourから。

近くにお店を構えるビストロキッチンルポンの2号店らしく、メニューにもビストロキッチンルポン名物のまぜそばが。

所謂昔ながらの立ち飲み屋は異なり店内は非常におしゃれ、お料理はどれも魅力的、できれば何杯か飲みたかったのですが、常連さんの声が大きく、かつ店員さんが常連さんとだけしか会話しなくて、初来店で一人飲みの私は肩身が狭く居心地があまり良くなかったので、何も食べず1杯だけで退散してしまいました。

良い店が多い西荻窪とはいえど、全ての店が自分に合うわけじゃないという当たり前のことを痛感。

レモンサワーはとても美味しかっただけに、もったいないなーこのお店、と思いながら480円お支払いして西荻窪の飲み屋街へ再び繰り出しました。

stand kitchen Lepont – スタンドキッチンルポン
住所 東京都杉並区西荻南3-11-5
行き方 JR中央線・総武線西荻窪駅下車
西荻窪駅南口から徒歩2分
電話番号 非公開
営業時間 17:00〜26:00
定休日 無休

西荻窪一人飲み番外編 焼き鳥よね田

西荻窪で焼き鳥といえば戎が有名だけど味ならば上いってるんじゃないかなー、と西荻窪在住の友人から以前話を聞いていたよね田へ。

20時30分ごろと飲み屋さんが混み合う時間ではありましたが、平日の木曜日だったので予約なしでも余裕で入れるでしょーと油断して行ったら、店内と外のカウンター席は両方とも満席…しかも名物のつくねは既に売り切れとのことで、待つか迷ったのですがこの日は断念。。

夏の暑い日に知らないお客さん同士が肩を寄せ合ってカウンター席でお酒を飲んでいる姿は昭和感が漂うと共に、みんな楽しそうに焼き鳥を頬張っている様がなんともで、この日は残念ながら飲めませんでしたが一人飲みでも絶対楽しいよなーと思う焼き鳥やさんよね田でした。

焼とりよね田
住所 東京都杉並区西荻南3-11-10
行き方 JR中央線・総武線西荻窪駅下車
西荻窪駅南口から徒歩1分
電話番号 03-3334-2094
営業時間 【月曜日~金曜日】17:00~23:30(ラストオーダー22:50)
【土曜日】 16:00~23:30(ラストオーダー22:50)
【日曜日・祝日】16:00~22:30(ラストオーダー21:50)
定休日 無休

西荻窪一人飲み4軒目 Aサイン – A sign bar & cafe nishiogikubo

日本酒・レモンサワーと飲み続けて結構酔いが回っていたのとほどほどにお腹いっぱいだったので、帰路につくか迷いながら西荻窪駅南口の細い路地にある飲み屋街へ移動。

THE中央線な雰囲気が漂うディープな通り(あとから伺いましたが柳小路という名称らしいです)を歩いていたら、ceroのPoly Life Multi Soulがかかっているお店を発見。

音楽に誘われふらりと入ったAサイン バー&カフェは、カウンター5席、2名かけのテーブル1席とこじんまりしており、カウンター席では20代から30代と思われる女性3名とバーの方が気さくに会話していました。

お酒の種類はそこまで多くなく私が好きなボンベイサファイヤがなかったのは残念でしたが、甘め炭酸系のお酒でとお願いすると、シロップ多めのレモンサワーを作ってくださり、生レモンの酸味とシロップの甘みと炭酸の爽快感が夏の夜にぴったりでとても美味。

スタンドキッチンルポンでのように常連さんばかりで会話に入れず疎外感を感じてしまったらどうしようと危惧したのも束の間。

カウンター席で一緒になった女子たちは職業や出身はバラバラながら音楽の趣味が似てて、みんな一人で飲みに来てて、みんなオシャレで、みんな気さくで、バーの方が会話をふったりうまく繋いでくれたので、自然と好きなアーティストや夏フェスの会話で盛り上がり、1杯で帰る予定が終電の時間までついつい長居するハメに。。

20代にしか見えなくって絶対に年下と思っていたこれまたしゃれている30代塩系男子の店長さんがかける音楽がとても素敵で、ceroやキセル、PSG(愛してますが流れて興奮!)、クラムボン、大橋トリオ、コーネリアス、Supercar、ヨギー、tofubeats、D.A.N.からThe Weeknd、フランクオーシャン、チャンスザラッパー、マックデマルコ、MGMT、Phoenix、Beck、Charli XCXなどなどバーの雰囲気に合う幅広いジャンルの音楽がこの日は流れていました。

今年フジロックとサマソニ1日目に行ったんですよーと話をしていたら、さりげなくポストマローンやTame Impala、Friendly Firesをかけてくれる心遣いが素敵!24時まわってバーを出る間際に椎名林檎がかかった時、テンション上がって騒いじゃってごめんなさい…

こちらのAサイン バー&カフェは店長が日替わりで変わるシステムらしく、火曜日は吉祥寺にある成蹊大学の男子学生さんが店長でお客さんも若い方や学生の方が多め、金曜日は女性の方で会社帰りの40代〜50代サラリーマンの方が多めなど、その日の店長さんによって雰囲気がガラッと変わるそう。

ドリンク1杯500円からとバーにしてはビックリするくらい安いし、好みの音楽が流れるし、同年代の女子が気軽に飲みに来るこんなお店が家の近くにあったらいいのになーと思いながら総武線の終電で家路に着きました。

Aサイン バー&カフェ
住所 東京都杉並区西荻南3-11
行き方 JR中央線・総武線西荻窪駅下車
西荻窪駅南口から徒歩30秒
電話番号 非公開
営業時間 19:00〜25:00
※日替わり店長のバーのため、曜日によって営業時間が変わるそうです。
定休日 無休

初めての西荻窪一人飲みは、美味しい日本酒や野菜料理にお刺身、素敵な音楽やオシャレな女子との出会いで大満喫。

満席で入れなかったよね田、この日はいけませんでしたが、有名な焼き鳥屋さん戎、タイ料理ハンサム食堂、南インドカレーの大岩食堂、おしゃれな立ち飲みサレカマネ、タンメンが美味しいらしいはつね、カフェオーケストラ、美味しい焼き菓子のエイミーズベイクショップ、超有名ケーキ店のアテスウェイなどなど気になるお店リストがさらに増え、絶対にまた来たいと思うとともに、西荻窪に引っ越したい欲求が高まったぞー。