幅広い客層との交流で盛り上がった、札幌ゲストハウスwaya宿泊記

新千歳空港駅からバスで直通、札幌駅からも地下鉄一本とアクセス良い場所に位置する、築60年の古民家を改装した札幌ゲストハウスwayaに宿泊してきました。ゲストハウスwayaでのスタッフやゲスト同士での交流、快適さ、清潔感、オーナーの対応など宿泊記、泊まった感想を紹介します。

北海道への旅行が決まり、宿泊先のゲストハウスをインターネットで調べたところgoogle検索で一番上に表示されたのがwayaで、NHK人生デザインU-29で昔見た札幌のゲストハウスがwayaだったことを思い出し、HPもすごくおしゃれでセンスが良く即決。


駅からwayaは交通至便で近く迷うことなく宿に到着。チェックインにはまだ早い時間でしたが、女性スタッフが快く受け入れてくださいました。

幅広い客層と交流を楽しめるワールドワイドなゲストハウスwaya

チェックイン時は宿泊客はまだ誰もいなかったのですが、外出して帰ると色々な客層の様々な人たちがお酒片手に盛り上がってました。
ゲストハウスに宿泊する醍醐味は色々なバックグラウンドを持つ旅人・宿泊客との交流ですよねー、ということで、ラウンジへ直行。

この日のwayaの客層は性別も年齢も出身も国もバラバラだったのですが、アメリカから来た男女4人のグループ、一人旅の日本人、中国人が2人、オーストラリア出身のスタッフも混ざり、皆で会話を楽しみました。
北海道という土地柄もあってか、他の国内のゲストハウスに比べ外国人が多かった気がします。冬だったのでスノーパウダーのゲレンデ目的の方もいました。ウインタースポーツが苦手な私には未知の世界…

清潔感がありプライベートが保たれるドミトリー

今回は一つの部屋に二段ベットが複数ある男女混合ドミトリーに泊まりましたが、清潔感があり、必要最低限のプライベート空間は十分あるので満足。シーツも綺麗で熟睡できました。
waya自体は決して広くはないのですが、寝室にはドアが付いており、交流部屋にもドアがあるので騒音や話し声が漏れることもなく、寝る時に他の宿泊客の声や寝息などは全く気にならならず快適でした。


洗面台、トイレなど水周りも清潔感があり朝から気持ち良い気分で身支度。
早朝便で帰る必要があったためスタッフは誰もいなかったのですが、チェックアウトの方法は事前にwayaのスタッフから聞いていたのでスムーズにチェックアウト完了。

ゲストハウス徒歩5分のバス停から新千歳空港直行バスが出ており、飛行機しかも早朝便に搭乗予定の私にとっては大変便利。冬は大雪になることも多く慣れない雪道は旅人にとって危険なので、空港や札幌までのアクセスが良いこともwayaの魅力ですね。

ゲストハウス主催のイベントも頻繁に開催

泊まった日は開催されていませんでしたが、barスペースでの映画鑑賞会や世界の料理を楽しめるイベント、餅つき、カレーナイトなどイベントも頻繁に行われているようです。次はゲストハウスwaya宿泊目的で札幌に行くのもありだなと思えるほどいい場所でした。

札幌ゲストハウスwaya
住所
北海道札幌市豊平区豊平2条4丁目1−43
アクセス ・新千歳空港駅から、中央バス「札幌都心行き」福住駅経由、プレミアホテル-TSUBAKI-札幌下車、徒歩約5分
・札幌駅から地下鉄東豊線学園前駅もしくは菊水駅で下車
料金 1泊2500円から
部屋 男女混合ドミトリー、女性専用ドミトリー、個室
交流 イベントも多く非常に活発です。スタッフもフレンドリーで外国人客も多く、遅くまで盛り上がることも多いです。
客層 男女比は4:6くらい。
外国人比率が高めで、年齢層は20代30代がメインですが40代の方も宿泊されていました。
電話番号 070-6607-0762

COMMENT ON FACEBOOK