オーナーの人柄と夕食が人気の秘訣!仙台ゲストハウス梅鉢 宿泊記

オーナーの人柄と夕食が人気の秘訣!仙台ゲストハウス梅鉢 宿泊記

JR仙台駅から4駅の仙石線苦竹駅徒歩7分に立地する仙台 ゲストハウス梅鉢に宿泊してきました。ゲストハウス梅鉢の快適さ、清潔感、客層やゲスト同士の交流、オーナーの対応など宿泊記、泊まった感想を紹介します。

オーナーの人柄に引き寄せられるアットホームな宿

梅鉢に到着すると、噂通りフレンドリーなオーナー夫婦、ホスピタリティ溢れるスタッフに温かく迎えて頂き、チェックインの時点でもうなんだか楽しそうな雰囲気。

ゲストハウス梅鉢は2011年8月1日新築オープンと真新しい上、一般的なゲストハウスに比べヘルパー・スタッフの数が多い印象。そのためか掃除は相当に行き届いており、清潔感あふれるオシャレな宿で、特にシャワーの綺麗さは驚くレベル。女性一人旅にも安心でした。

ゲストハウスの近くにはコンビニ、居酒屋もあり便利で、無料w-fi、冷蔵庫、フロードリンク(麦茶)などの設備も充実。部屋の広さは普通ですが、他の設備同様清潔感があり、各ベッドにコンセントが備えついているのがありがたい。

美味しいと評判の夕食

夕食は事前オーダー制かつ有料(500円)ですが、調理師免許を保有するオーナー特製の料理は絶品!
夕食後は梅鉢に併設されたバースペースで、美味しいお酒片手に自然と宿泊客同士や地元の方を交え宴会に突入。ゲームしたり、旅の会話で盛り上がったりと。次の日仕事があることを忘れるくらい楽しい時間を過ごしました。1階と2階にある共有スペースはやや狭いことも影響してゲスト同士の距離が縮まりやすく、少し飲みすぎました…

朝食はパンとコーヒーが無料サービスなのもGOOD!

オーナー、スタッフ、ヘルパーの人柄、接客が素晴らしく、宿泊客も打ち解けやすい雰囲気。宿泊した日はありませんでしたが、BBQ、手巻き寿司パーティーなど梅鉢主催のイベントもあるようなので、一人旅の方にもおすすめです。

住宅街の中にあるからか、シャワーは22時まで、消灯は23時と時間に関するルールは厳しく、仙台の繁華街から遠いため若干不便であること、ゲストハウスまでの道が判り辛いことが難点。

一方でそれを余り補うだけの魅力があり大変人気があるゲストハウスなので繁忙期を中心に予約が埋まりがち。気になっている方は早めの予約をオススメします。

ゲストハウス宿や萩以外の、仙台・松島オススメのゲストハウスはこちらから
http://guesthouse-trip.com/trip/japan/miyagi-japan/guesthouse-3/

仙台 ゲストハウス梅鉢
住所
仙台市宮城野区平成1丁目 3-14
アクセス JR仙石線 仙台駅から4駅 苦竹駅下車徒歩7分
料金 1泊2500円から
部屋 女性専用ドミトリー、男性専用ドミトリー、個室(3名~4名部屋・1名~2名部屋)
交流 オーナー、スタッフを中心に、宿泊客や地元の方も交えた交流・宴会は活発
23時消灯後も飲み足りない同士で近くの居酒屋に行くことも少なくないよう
客層 私が宿泊した日の男女比は5:5くらいでした。
年齢層は20代後半から30代前半の方が多く、大人数の方はいませんでしたが、男性一人旅、女性一人旅、女性二人旅、など様々な旅行客がいました。
電話番号 022-231-7447

COMMENT ON FACEBOOK