<2017年版>注目のトリエンナーレ・芸術祭・ビエンナーレ・アートイベント特集

札幌国際芸術祭2017、種子島宇宙芸術祭、ヨコハマトリエンナーレ2017、北アルプス国際芸術祭2017、Reborn-Art Festivalなど2017年に開催される、芸術祭、トリエンナーレ、ビエンナーレ、アートイベント情報をまとめました。

2016年は瀬戸内国際芸術祭、あいちトリエンナーレ、茨城県北芸術祭、岡山芸術交流等アートイベントが目白押しの一年でしたが、2017年も負けず劣らず多くの芸術祭が全国各地で開催されます。

2017年は、前回坂本龍一がディレクターを務めたことでも話題になった札幌国際芸術祭2017、毎回充実の内容で今年6回目となるヨコハマトリエンナーレ2017、瀬戸内国際芸術祭や越後妻有アートトリエンナーでの総合プロデューサーを務めた北川フラムを総合プロデューサーに迎えた北アルプス国際芸術祭2017、小林武史が代表を務めるap bankが中心となり宮城県石巻・牡鹿半島にて初開催されるReborn-Art Festivalなどなど、注目のアートフェスが目白押しです。

全国各地で様々な芸術祭が開催されるので、是非チェック下さい。

2017年1月開催

「大地の芸術祭」の里 越後妻有2017冬 SNOWART

世界最大級の国際芸術祭”越後妻有アートトリエンナーレ”の舞台であり、世界有数の豪雪地でもある越後妻有地域でウインターシーズンに初開催される初のアートフェスティバル。

雪花火、雪あそび、豪雪の中の雪道トレッキング・アート巡り、アートが散りばめられたスケートリンクやアートスノートレッキングなどスノーリゾートとは一味違う『SNOWART』を楽しめる、国内初の芸術祭です。

会期 2017年1月14日(土)〜2017年3月12日(日)
会場 新潟県十日町市・津南町
プログラム (1)越後妻有里山現代美術館[キナーレ]冬の企画展「雪あそび博覧会」
(2)まつだい農舞台冬の企画展「北の地平線」国松希根太
(3)あてま高原リゾート・ベルナティオ「越後妻有 雪花火/Gift for Frozen Village 2017 」
(4)越後妻有の豪雪とアートを体感!「SNOWART TRAIL」
(5)「森の学校」キョロロ 企画展「里山のお米展―にぎやかな田んぼのめぐみ―」
(6)木造小学校に泊まろう!
料金 大人2,000円、小中学生1,000円、小学生未満無料
公式HP http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_20170114_03123

 

2017年3月

西条酒蔵芸術祭2017

古くから知られる酒造りの地として有名な広島県西条市。冬の厳しい寒さに洗練される酒造りの最盛期を過ぎ、その年の日本酒が世に出回る3月の蔵開きの時期に合わせ、より多くの人と西条をつなぐきっかけを作る目的で4年前から開催されている西条酒蔵芸術祭。
西条に点在する酒蔵や民家を舞台にしたインスタレーション、空間全体を用いた芸術が表現されたアート巡りと同時に西条の日本酒を嗜むこともできる、オリジナリティあふれる芸術祭です。

会期 2017年3月12日(日)~2017年3月20日(月)
会場 広島県西条市西条酒蔵通り
アーティスト kiyo、YuQi Shinohara、taqano、小林義男、横井涼也、小方祐馬、高田泉、近藤康平、笠井美里、池田嘉人、宗野晃(blik)、福島俊を
料金 FREE PASS 500円
SAIJO-ARTFEST SET 1,000円
芸術祭の会場にて、西条酒蔵通りに点在する計7つの酒蔵で作られた日本酒をご試飲いただけるチケットです。
公式HP https://www.saijo-artfest.com/

 

2017年4月開催

清流の国ぎふ芸術祭 – Art Award IN THE CUBE 2017

2017年4月、想像力溢れる新たな才能の発掘と育成を目的に、スタートする清流の国ぎふ芸術祭Art Award IN THE CUBE (AAIC)2017。

第1回の公募テーマ「身体のゆくえ(しんたいのゆくえ)」に基づき選ばれた作品が、大型のキューブが複数配置された美術館・空間内で展示されます。

会期 2017年4月15日(土)~2017年6月11日(日)
会場 岐阜県岐阜市宇佐4-1-22 岐阜県美術館
アーティスト 佐藤雅晴、柴山豊尚、谷本真理、中村潤、平野真美、堀川すなお、松本和子、三枝愛、三木陽子、水無瀬翔、耳のないマウス、宮原 嵩広、ミルク倉庫+ココナッツ、森貞人、安野太郎
料金 無料
公式HP http://art-award-gifu.jp/

葉山芸術祭 – Hayama Art & Music Festival

御用邸や避暑地として有名な葉山で25年にわたって、ゴールデンウィーク期間を中心に開催されている葉山芸術祭。

2017年はさらにパワーアップして、青空アート市、あかりのイベント、森山神社のイベントな、葉山・逗子・横須賀・鎌倉にわたってのオープンハウスなど100以上のイベントやショップが大集結するアートイベントです。

会期 2017年4月22日(土)~2017年5月14日(日)
会場 神奈川県 葉山・逗子・横須賀・鎌倉にわたってのオープンハウス、店舗、展示場、屋外、他
プログラム
料金 無料
※企画・プログラムによっては有料
公式HP https://www.hayama-artfes.org/

いちはらアート×ミックス2017

東京や横浜など首都圏からも交通至便で、千葉県のほぼ中央に位置する人口28万人の市原市で開催される芸術祭。

閉校した小学校・廃校の活用、市原市を南北に走る小湊鐵道・乗物の活用、都会で体験できない自然とのふれあいや農作業を体験し市原へ通いたいと思えるプログラムなど他では決してできない市原固有の体験ができる芸術祭です。

会期 2017年4月8日(土)〜2017年5月14日(日)
会場 千葉県市原市南部地域(小湊鉄道上総牛久駅から養老渓谷駅一帯)
IAAES[旧里見小学校]、月出工舎[旧月出小学校]、内田未来楽校[旧内田小学校]、市原湖畔美術館、森ラジオ ステーション、クオードの森、旧白鳥小学校、白鳥公民館、アートハウスあそうばらの谷、他
プログラム
料金 未定
公式HP http://ichihara-artmix.jp/

2017年6月開催

北アルプス国際芸術祭2017

瀬戸内国際芸術祭や越後妻有アートトリエンナーレをプロデュースした北川フラム氏を総合ディレクターに迎え、開催前から早くも話題になっている「北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~」

国際色豊かなアーティストの作品、変化にとんだ山麓の地勢と気候によって米も野菜もジビエも魚もとれる恵み豊かな食文化を、3000m級の山々が連なる北アルプス山脈の麓に位置し、清冽な雪解け水と澄んだ空気、四季折々の景観に恵まれた空間で楽しむことができる、2017年大注目の芸術祭です。

会期 2017年6月4日(日)~2017年7月30日(日)
会場 長野県大町市 源流エリア / 仁科三湖エリア / 市街地エリア / 東山エリア / ダムエリア
アーティスト アートプロジェクト気流部、ニキータ・アレクセーエフ、青島左門、アルフレド&イザベル・アキリザン、淺井裕介、ケイトリン・R.C.・ブラウン&ウェイン・ギャレット、遠藤利克、原倫太郎+原游、平田、五郎、五十嵐靖晃、川俣正、コタケマン、栗林隆、栗田宏一、栗山斉、リー・クーチェ、目、湊茉莉、大平由香理、大岩オスカール、岡村桂三郎、ニコライ・ポリスキー、新津保建秀+池上高志、杉原信幸、高橋治希、高橋貞夫、ジェームズ・タップスコット、パトリック・トゥットフオコ、YAMANBAガールズ、マーリア・ヴィルッカラ
料金 前売券 一般2000円、高校生1000円、小中学生300円
当日券 一般2500円、高校生1500円、小中学生500円
公式HP  http://shinano-omachi.jp/

2017年7月開催

Reborn-Art Festival 2017

音楽プロデューサー小林武史が率いるap bank主催、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる新しいフェスティバルとして、石巻・牡鹿地区にて誕生するReborn-Art Festival。

世界中の有名アーティスが作り上げた作品の展示に加え、これまでの音楽フェスの概念を変えるライブや演奏キャラバン、演劇やダンス等のパフォーマンスアート、日本最高峰のシェフや東北の料理人たちによる食事等、想像するだけで楽しみなアートフェスティバル。
実行委員会・制作委員会には、岩井俊二、北川フラムが名を連ねており、どんな芸術祭になるのか楽しみが広がりますね。

会期 2017年7月22日(土)~2017年9月10日(日)
会場 宮城県石巻市(牡鹿半島、市内中心部)、松島湾(塩竈市、東松島市、松島町)、女川町
アーティスト ハスラー・アキラ、ブルース・ナウマン、カールステン・ニコライ、Chim↑Pom、contact Gonzo、デイヴィッド・ハモンズ、ギャレス・ムーア、齋藤陽道、さわひらき、インサイドアウト・プロジェクト、クー・ジュンガ、ヨーゼフ・ボイス、JR、有馬かおる、名和晃平、マーク・クイン、岩井優、目、ナム・ジュン・パイク、パルコキノシタ、ルドルフ・シュタイナー、青木陵子+伊藤存、増田セバスチャン、島袋道浩、SIDECORE、八木隆行、宮島達男、金氏徹平、鈴木康広、Yotta、ファブリス・イベール、カオス*ラウンジ、バリー・マッギー、宮永愛子、川手寛康、渡邉篤史、岩永歩、菊池博文、楠田裕彦、目黒浩敬、ジェローム・ワーグ、手島純也、小林寛司、藤巻一臣、松本圭介、今村正輝、奥田政行、緒方稔、小野寺望、堀野真一、原川慎一郎、生江史伸、石井真介、今村太一、佐藤達矢ほか
ライブ Bank Band / 大森靖子 / 水曜日のカンパネラ / back number / ACIDMAN / きのこ帝国 / LOVE PSYCHEDELICO / NOKKO / ペトロールズ / and more
料金 未定
公式HP  http://www.reborn-art-fes.jp/

種子島宇宙芸術祭

”宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を”
JAXAの「種子島宇宙センター」がある種子島で2012年からプレイベントとして開催されていた種子島宇宙芸術祭が、2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭としてスタートします。

”宇宙芸術”に関するアートに加え、満点の星空を眺めながら宇宙と交信する真夜中のイベント”星空カフェ”や、幻想的な世界を堪能できるプラネタリウム”MEGASTAR II”などを、日本で唯一大型ロケットの発射場を持つ種子島で鑑賞できる種子島宇宙芸術祭。
これまでにない体験が出来そうな予感でワクワクします。

会期 2017年夏
会場 鹿児島県種子島
プログラム [アート作品] レジデンス・アーティスト作品展示
[アート作品] 公募アーティストによるレジデンス作品展示。
[ワークショップ] みんなでつくる芸術祭
[イベント] 星空カフェ〜宇宙の島で星を見よう〜
[イベント] スーパープラネタリウム2017
[トーク] 宇宙文化創造サミット
料金 未定
公式HP http://space-art-tanegashima.jp/

2017年8月開催

ヨコハマトリエンナーレ2017

国際的に活躍するアーティストから新進気鋭のアーティストまで最新の現代アートを提示し、神奈川県横浜市で3年に1度開催されてきたコンテンポラリーアートの国際展、横浜トリエンナーレが、2017年3年ぶりに開催されます。
カルメロ・ベルメホ、大竹伸朗、サイモン・スターリングなど、大充実だった前回に続き、スプツニ子!、スハーニャ・ラフェル、養老孟司らを迎えた今回も期待大ですね。

会期 2017年8月4日(金)~2017年11月5日(日)
会場 神奈川県 横浜美術館/横浜赤レンガ倉庫1号館
アーティスト アイ・ウェイウェイ、ブルームバーグ&チャナリン、マウリツィオ・カテラン、ドン・ユアン(董媛)、サム・デュラント、オラファー・エリアソン、アレックス・ハートリー、畠山直哉 / カールステン・フラー、トビアス・レーベルガー、アンリ・サラ&リクリット・ティラヴァーニャ / ジェニー・ホルツァー、クリスチャン・ヤンコフスキー、川久保ジョイ、風間サチコ、ラグナル・キャルタンソン、マップオフィス、プラバヴァティ・メッパイル、小沢剛、ケイティ・パターソン、パオラ・ピヴィ、キャシー・プレンダーガスト、ロブ・プルイット、ワエル・シャウキー、シュシ・スライマン、ザ・プロペラ・グループ、宇治野宗輝、柳幸典、Don’t Follow the Wind
料金 未定
公式HP http://www.yokohamatriennale.jp/index.html

札幌国際芸術祭2017

あまちゃんで一躍有名になった大友良英をゲストディレクターに迎え、”芸術祭ってなんだ?”をテーマに、2014年以来第2回目として開催される札幌国際芸術祭2017。

宇川直宏、EYƎ、テニスコーツなどのジャンルレスなアーティストに加え、大友良英を中心に様々なバックグラウンドのメンバーが集うSIAF2017 スペシャル・ビッグバンドなど楽しみな企画が盛りだくさんです。

会期 2017年8月6日(日)~ 2017年10月1日(日)
会場 北海道札幌市  札幌芸術の森 / モエレ沼公園 / まちなかエリア / 円山エリア / 札幌市資料館 / JRタワープラニスホール / 札幌大通地下ギャラリー500m美術館ほか
プログラム 藤田陽介、石川直樹、岸野雄一、今野勉、クワクボリョウタ、Sachiko M、さわひらき、テニスコーツ、宇川直宏、DOMMUNE UNIVERSITY OF THE ARTS、ARTSAT × SIAFラボ、dj sniff、EYƎ、堀尾寛太、マレウレウ、毛利悠子、中崎透、大友良英+青山泰知+伊藤隆之、刀根康尚、梅田哲也、ユエン・チーワイ、レトロスペース 坂会館、大漁居酒屋てっちゃん
料金 未定
公式HP http://siaf.jp/

2017年9月開催

奥能登国際芸術祭 珠洲2017

北アルプス国際芸術祭2017と同じく北川フラム氏を総合ディレクターに迎え、2017年に初めて開催される奥能登国際芸術祭 珠洲2017。

古代から近代にかけて日本海を往来した渤海使、遣唐使、北前船などの影響を受ける奥能登・珠洲の特性を活かしたインスタレーション、パフォーミングアーツ、ソーシャルデザイン、フリージャンルなど幅広い作品が楽しめる、個人的にかなり期待値の高い芸術祭です。

会期 2017年9月3日(土)〜2017年10月22日(日)
会場 石川県珠洲市全域
アーティスト アデル・アブデスメッド、浅葉克己、EAT&ART TARO、石川直樹、岩崎貴宏、エコ・ヌグロホ、河口龍夫、ギム・ホンソック、鴻池朋子、さわひらき、塩田千春、トビアス・レーベルガー、中瀬康志、ひびのこづえ、深澤孝史、ラックス・メディア・コレクティブ、リュウ・ジャンファ
料金
公式HP http://oku-noto.jp/

中之条ビエンナーレ2017

2007年に始まり、2017年で第6回目を迎える中之条ビエンナーレ。
群馬県中之条町という温泉街や木造校舎など町内各所で総勢130組を超えるアーティストによるアート展示、演劇、身体表現などのパフォーマンス、ワークショップ、マルシェなどが開催されます。

会期 2017年9月9日(土)〜10月9日(月・祝)
会場 群馬県中之条町内「中之条・伊勢町」「伊参(いさま)」「四万」「沢渡・暮坂」「六合(くに)」5つのエリア
プログラム
料金
公式HP http://nakanojo-biennale.com/

亀山トリエンナーレ2017

”『アート』を『街』に取り入れることで、人と作品が出会い、街の活性化と芸術文化の振興につなげる”をテーマに、2008年に誕生した前身のアート亀山から10年近く開催されてきた亀山トリエンナーレ。

東海道沿いの文化財建造物、市文化財指定の家屋や商店街などを舞台に、映像、インスタレーション、パフォーマンス、ダンス、ワークショップが開催される、美術館での展示とな異なる空間が楽しめる芸術祭です。

会期 2017年9月24日(日)~2017年10月15日(日)
会場 三重県亀山市
プログラム
料金
公式HP http://kameyamatriennale.jp/

 

2017年10月開催

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2017

2016年に引き続き2017年も開催される”KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭”。

日本中国韓国の3カ国が文化プログラムを通して交流を深める国家プロジェクト、”東アジア文化都市”が京都で開かれることから、京都国際舞台芸術祭2017ではプログラムの1つとして、日本中国韓国のアーティストによる作品の上演や交流プログラムも行われる予定です。

会期 2017年10月14日(土)~2017年11月5日(日)
会場 京都府京都市 ロームシアター京都、京都芸術劇場 春秋座、京都芸術センター、京都府立府民ホール“ アルティ” ほか
プログラム
料金 未定
公式HP http://kyoto-ex.jp/2016-autumn/info/announcing-kyoto-experiment-2017/

 

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

COMMENT ON FACEBOOK